ハードウェア保守について(EOS/EOL) - Cisco・DELL・hp・IBMなど主要ネットワーク中古機器なら東京ハードウェアストック!

平日 9:00~17:30 03-5225-3488

専門スタッフがご相談承ります! お気軽にご連絡ください。

  1. 中古 ネットワーク機器ホーム > 
  2. ハードウェア保守について(EOS/EOL)
型番・商品名検索

ハードウェア保守について(EOS/EOL)

当社保守の特徴

当社は設立以来34年、独自の保守サービスを展開してまいりました。汎用機から始まり、近年ではCisco、Sun、HPなどのネットワーク機器やサーバにも範囲を広げ、多くのお客様にご満足頂いております。設立以来30年に渡るノウハウにより、国内はもとより北米、ヨーロッパ、アジアと世界中にパートナーがございます。このように安定的な部材調達のルートがございますので、メーカサポートが終了した製品でも、継続的に保守サポートのご提供が可能です。これまで数百社のお客様に保守サービスをご提供し、大手企業様から中小企業様まで様々な業種のお客様にご好評頂いております。高いレベルで保守サービスをご希望される事が多い金融会社様、データセンター事業者様、キャリア様等への保守実績があり、精度の高いサービスを提供する自信がございます。

提供保守の種類

オンサイト保守 •当社の作業員がお客様先にお伺いし、修理させて頂く保守サービス
※オンサイト保守には24365保守と平日9-17保守の2種類があります。
センドバック保守 •故障した製品の代替機をお届けする保守サービス
•※センドバック保守には、後出しと先出し保守の2種類があります。
パーツデリバリー保守
(セルフメンテナンス)
•故障部材の代替を、希望時間内にお届けする保守サービス
•遠隔地の場合や至急対応が必要で部材配送を待てないという場合には現地に予備部材を事前配備する事も可能です。
スポット修理 •お使いの機器が故障した場合に、スポットでの作業もお受けする事ができます。
•※保守契約を頂いたお客様が優先となりますので、部材の在庫や技術員のスケジュールによっては、ご要望通りにご対応できない可能性がございます。

保守は中古機器で経費削減

中古部材を使用し、部材の調達コストを抑えることでお客様へのコストダウンを実現しています。
保守サービスをご提案する上で、保守会社が気にするコストは一般的に、エンジニアの人件費と保守部材の購入費用です。
当社では保守部材に中古品を使用し、保守部材の購入費用を下げることで、お客様へ安価な保守サービスをご提案する事ができております。
また、保守サービスをハードウェア保守に特化する事によりコストを抑え、ご提案価格に反映しております。

導入までの流れ

  • Step1

    御見積にあたって
    下記情報をご提示ください。

      • *対象モデル
      • *対象機器詳細
        (CPU、メモリ、
        HDD等構成情報)
      • *台数
      • *設置先
      • *開始ご希望時期
      • *ご希望のサービスレベル
  • Step2 頂いたリスト機器に対して御見積
  • Step3 ご注文
  • Step4 頂いたリストの機器との相違や現状機器の故障が無いか確認をさせて頂きます。
  • Step5 当社保守体制準備
  • Step6 保守契約書の締結
  • Step7 契約開始
導入事例ページへ
メーカー検索

Cisco(シスコ)(1895)

Cisco旧機種本体(149)

HP(1878)

NEC(242)

DELL(435)

富士通(1433)

IBM xSeries(737)

IBM iSeries・AS/400(336)

Sun・Oracle(1202)

Juniper(74)

FortiGate(12)

F5(11)

YAMAHA(15)

AVAYA(4)

Sonus Networks(0)

Brocade(94)

NOKIA(1)

Nortel(4)

Aruba(2)

Allied Telesis(36)

その他(1)

種類別検索
カテゴリ検索
クリックして証明書の内容をご確認ください。
PAGE TOP